スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷中霊園

花見客で賑わう谷中霊園、左側の建物が駐在所谷中霊園(やなかれいえん)は、東京都台東区谷中一丁目にある都立霊園。旧称の谷中墓地(やなかぼち)と呼ばれることも多い。面積は約10万平方メートル、およそ7,000基の墓がある。徳川家15代目将軍慶喜や鳩山一郎・横山大観・渋沢栄一などが眠る。概要かつては、天王寺の寺域の一部であり、中央園路は天王寺の参道であった。通りの半ばには、幸田露伴の小説『五重塔』のモデルとなった五重塔跡がある。これは、1908年に天王寺より寄贈されたものであった。この五重塔は、1957年に谷中五重塔放火心中事件で焼失するが、東京都が史跡に指定した。五重塔跡付近には、駐在所と児童公園がある。谷中霊園は、桜の名所としても親しまれている。中央園路は通称「さくら通り」ともよばれ園路を覆う桜の枝に花が咲くと、まるで桜のトンネルのようになる。現在、墓地の貸付けスペースの拡大のために使用料の払われていない箇所の無縁仏への改葬やスペースの障害となる大木など木々の伐採が進められているほか、公園型霊園を理由とした霊園内再開発の途上にある。なお、「谷中墓地」と称される区域には、都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれており、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地に属する。歴史明治維新の後、政府は神仏分離政策を進め、神式による葬儀も増えた。しかし、墓地の多くは寺院の所有であったため埋葬場所の確保が難しく、公共の墓地を整備する必要にせまられていた。1874年に明治政府は、天王寺の寺域の一部を没収し、東京府管轄の公共墓地として谷中墓地を開設した。1935年に谷中霊園と改称された。交通JR日暮里駅から徒歩6分。谷中霊園に埋葬されている著名人 広津和郎墓碑 牧野富太郎墓碑青山胤通朝倉文夫浅田宗伯浅利鶴雄(元俳優三田英児)阿部正邦、正福、正右、正倫、正精、正寧、正弘、正教天津乙女有坂成章池田蕉園井関盛艮一条美賀子稲垣浩色川武大岩村通俊上田敏円地文子大原重徳影万里江柏戸剛鏑木清方川上音二郎菊池大麓岸本辰雄楠本正隆酒井忠邦酒井了恒佐佐木信綱重宗雄三獅子文六重野安繹渋沢栄一相馬大作高橋お伝高松凌雲伊達宗城徳川慶喜戸田忠至栃木山守也ニコライ・カサートキン長谷川一夫鳩山和夫、一郎、威一郎原田一道広津和郎本寿院牧野富太郎三木武吉宮城道雄本居長世森繁久彌横山大観関連項目青山霊園雑司ヶ谷霊園染井霊

「東京セレブ生活」執着…連続不審死・木嶋被告(読売新聞)
ツシマヤマネコに楽園を、保護団体が山林購入(読売新聞)
もうすぐバレンタインデー 「デコチョコ」が熱い (産経新聞)
医師確保事業で着服、宮崎県職員を懲戒免職(読売新聞)
日本国籍取得後に暗転…中国出身の女性に何があったのか(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

たけやまともるさん

Author:たけやまともるさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。